SoftBankの割賦販売価格を少しわかりやすくすると?

最近ソフトバンクでいろいろと問題になっている
割賦(かっぷ)販売価格について
もう少し解り易く説明いたしましょう。
まず、なぜ今の分かりづらい購入方法になったのか?
それは、機種を新規0円で購入して
すぐ解約して転売して儲ける!という
儲けにならない契約を防ぐため、
というのが本音だそうです。

それが防げるようになる?から
格安な基本料金設定が出来るようになった、
という事だそうです。

それを踏まえた上で、
わかりづらい購入料金について説明しましょう。

下記内容を参考に説明しましょう。
画像
これは私の購入した911Tの本体価格です。
パッとみると価格は
 76320円
激高!と大抵の人はこれでひいちゃうでしょう。
しかも新スーパーボーナス(以下SBとする)未加入のほうが
安いなんてどういうことだ?それでも高いし!
確かにこれだと非常にわかりにくい。

が、そんな料金じゃ誰が加入するだろうか?
実際はもっと安く購入する事ができるから
加入者が増えているのです。
じゃあどうやって、それより安く購入できるのか?

ここからがこの割賦販売のカラクリであり
更に複雑な所である。ぜひ理解していただければと思う。
下の票をご覧ください。クリックすれば拡大されます。
画像
これはスーパーボーナスに加入した場合の割賦料金設定の詳細。
左から順にいくと、
・賦払金(ふばらいきん)
 携帯電話本体価格を支払期間で割った料金。
 無利子ローンの月返済額と考えて頂ければよい。
・割賦販売価格
 SBに加入した場合の本体価格。
・スーパーボーナス特別割引
 SBに加入した場合、月々割引かれる金額。
 ただし賦払期間のみ。例外として一括払いの場合は2年コースの割引率になる。
・スーパーボーナス特別割引合計
 上記の割引金額合計

頭混乱しますね…


つまりはですね、
実際、購入者が毎月支払う金額は
賦払金+(月の基本料や通話料等-SB特別割引合計)
となるのです。

私を例にしましょう。

機種: 911T (割賦月額 3180円)
料金プラン: Wホワイト (月額 1980円)
オプション: パケットし放題 (月額 最低1024円)
        SB (月割引額 -2200円)
変動費: α (通信・通話料やパケット等使い方で変動する料金)
割賦方法: 2年コース(24回払)

この場合、月支払料金は

本体代+{(基本料金+パケ放題+α)-SB割引額} となるので
3180+{(1980+1029+α)-2200}=3989+α円 となる。

2年後(SB特典の2ヵ月基本使用料無料があるので、
 それから2年後、つまり購入の2年2ヵ月後)は本体代とSB割引が終わるので
1980+1029+α=3009+α円 となる。

ということは、もっとシンプルに考えてしまえば、
本体代金-SB割引=980円なので
24倍(2年分)した額の
23520円が本体価格といえるだろう。
SB未加入での現金払いは
34440円なので
割賦販売価格で購入したほうが安くなる、というわけだ。
導入前と比べてみても本体価格は
ほぼ同じか、更に安そうな事がわかる。


が、しっかしか~し!
一つ気を付けて頂きたい事がある。
賦払金はSB割引対象外である。という事。
なので、上の式は少し判り易く?するために
本体代金より右をわざと括弧でくくってある。
これが、この仕組みを複雑にさせてしまっている根源である。
これがなければ単純に
本体価格は980円の24回払いの23520円になります!
と販売員も胸を張って言える。
つまり

(基本料金+パケ放題+α)  SB割引額
の場合は、SB割引がフルに適用されるが

(基本料金+パケ放題+α)  SB割引額
の場合は、SB割引がフルに適用されないのである。
つまり損をしてしまう、という事だ。
例えば私がホワイトプラン(月980円)のみでオプションSB以外無し
通信通話費も無しだとすると
2200-980=1220円も
毎月"損"してしまう事になる。
詳細は新スーパーボーナスで見ていただければと思う。
なので上で述べた"シンプルな考え方"というのは、
あくまでも考え方の一つとして捉えて頂きたい。


またこの仕組みが出来た為、
機種変更1ヶ月後だろうが5年後だろうが
いつ機種変更しても本体料金は変わらない。
ただし、割賦払い分はしっかり払っていかなくてはいけないので、
一括払い以外の人は
購入後に支払期間経つ前に新たに買えば、重複機関は
並行して両方の機種代金を払っていく期間が生じる
ので、
これも注意してほしいところだ。

実にうまい仕組みをつくったものである。
消費者には不親切極まりない仕組みだが…

ちなみに1年割賦コースは言うまでもなく
SB割引合計額が半分になってしまうので
1年コースは選ぶと確実に損します。ご注意を。


これで少しはお分かりいただけたであろうか?
長文になってしまった為、
余計判りづらくなってしまった気もするが…
途中から語尾が"ですます系"から
"だである系"に変わってしまったことは忘れて下さいw
SoftBankユーザーが1人でも多くこの記事で
増えて頂ければこの苦労も報われるのですが…
これぐらいの説明をホームページ上でしてほしいものである…

まとめると
"孫"さんの"損"しない仕組みという事か?
…お後がよろしいようで…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック