Thunderbirdの送信履歴「Sentファイル」が壊れても望みは捨てないで!「半」復旧する方法。

先日会社のPCの起動ディスクが不調になり
SSDの入れ替えを行ったのですが
Thunderbirdのプロファイルデータの入れ替えだけでは
送信履歴が復旧できませんでした。

Sentという名前の、容量のでかい
恐らく送信メールが格納されている大本と思われる
ファイルが破損していたのです。
しかし、なぜか一部の送信履歴データは読み込めている…
ということはと、ちょっとプロファイルファイル内を探してみたところ

~省略~\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles
\ここはそれぞれ\Mail\Local Folders
の中に
・Sent.mozmsgs
・Sent.sbd
というフォルダが。
その中には
・.wdsemlという拡張子のファイルがずらり。

!?!?もしかして!?!?

メモ帳で開くと
メールのテキストデータではありませんか!
ダメもとで
.wdseml を .eml に
Flexible Renamer で一括変換、
Thunderbordにフォルダを作り直し
ぶち込んでみたら、読み込めるじゃありませんか!

しかし、あくまで最小限のデータで
添付ファイルや 返信転送履歴等は一切ありません。
なので「半」復旧と題させていただきました。

でも過去の履歴のコピペでメール制作や
やり取りを確認することは、これでできるようになったので
非常に助かりました。

望みは捨てちゃいけませんね。

恐らくこの方法であれば
受信メールなども「半」復旧は可能ではと思います。
お試しください!


この豆知識が、またニッチな悩める人の解決策になるよう
ここにこの解決策を残しておきます

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック