BUFFALO LS-VL HDD交換 意外な落とし穴(備忘録)

何て久しぶりの更新だろう… 会社で使用しているNAS BUFFALO LS-VL がハードディスクエラー出し始めたので ハードディスクの交換を行うことにした。 実は以前にも1台やったことがあったため 余裕こいてネット上の先人方の記事をみながら 今回も進めていたのですが… 前回何かにつまずいて進まなく… その「何か」が思い出せず… 色々つまづいて、やっと解決したので ここに記し残しておきます。 このHDD交換作業は ①分解 ②ファームウェアの書き込み ③ファームウエア更新 ④組み立て と4段階の主な作業で構成されています。 ①(④)はYOUTUBEにもあるので 検索すればいくらでも出てきます。 ちなみケースの爪は何本も折れますw 開けるときは適度な思い切りが必要です。 なお、今回は基盤のファンクションスイッチ部も折ってしまい。 画鋲の針で小さな隙間からスイッチを押して対処しました。 (これ折り易いので気を付けて!接着剤でできるサイズじゃありませんので…) 折らない方が作業効率がいいので気を付けましょう。 ②と③も情報は色々ありますが 違いとして ・ルータを介すか直刺しにするか ・TFTP Boot Recovery 1.53を使うか、TFTBDを使うか。 といった大きな違いがあります。 私は「ルータを介して」「TFTP Boot Recovery 1.53」の組み合わせで成功しました。 Windows10でできましたので、まだまだ役立つ情報かと。 さて、詳しいやり方は…ネットに転がってるので 要注意点だけ補足という形でここに記します。 ■注意点① TFTP Boot Recoveryのフォルダは何処にあっても多分いいのですが そのパスに「日本語名のフォルダ」が無いこと! 前回もこれでつまづいたんですね プログラムが英語で作られているためだと思います。 自分に分かりやすいようにと、全角日本語でフォルダ名を付けてしまうと TFTP BOOT EXEのNASへのデータ転送が始まらないようです。 ■注意点② ファームウェアアップデート後にNAS再起動→ 赤点滅→ファンクションボタン→ … →最後に青点灯! のはずが何度やっても赤点滅に… でも、エラー内容調べてやっと解決! エラーはE11、それはファンの異常。 ファンクションボタンが壊れたため、 基盤むき出しのファン未接続で作業していたためでしたw 以上に気を付ければ、今までうまくいかった人でも できるのではないでしょうか? この豆知識が、またニッチな悩める人の解決策になるよう ここに記しておきます

Windows10へアップグレード後、Defenderが無効~ってメッセージが出てお困りの方へ。

windows10へアップグレードしてから、 defenderが無効に~って通知が 起動時に毎回出て来るのが鬱陶しく さーてそろそろ解消しなくてはと。 以前も調べたのですが、 解消方法が面倒で (一旦win7に戻すとかありえない…) もっといい解決方法出ないかなと 待ち続けていましたが 今回ふと閃いて遂に解決?しましたので ここに記録します。 と言いましても、 ちょっと強引な方法なので 残念に思うかもしれませんが… 結論先に申しますと、 defenderをスタートアップに登録。 起動時に画面を閉じる手間は増えますが、 精神的な安心感(ちゃんと動いてる感) があります。 defenderのショートカット作成方法や スタートアップフォルダの場所は ググってみてください 直ぐ見つかはずです。 この記事がニッチな悩みの 解決になれば幸いです。

古いHDDにWin7をインストールしようとしたら「ドライバーが見つかりませんでした。」Σ(゚□゚ノ

またまた覚書。 XPサーポート終了が近づいてきたので Windows7を使いまわしのSATA150のHDDにクリーンインストールを試みた。 しかし ■必要なCD/DVDドライブのデバイスドライバーがありません。 ドライバーのフロッピーディスク、CD、DVD、またはUSBフラッシュドライブが ある場合は、ここで挿入してください。 とのエラー。 そうね、私がこういう事するときには 大抵スムーズにはいかないのよね。 と言うわけで それらしきドライバを探して来てみて DVDに焼いて読み込ませる。 →読み込めずw まあそうだろうねとすぐあきらめて 続いてGoogle先生に聞いてみた。 一番多かったのがこれ ○HDDのMBR情報を削除(詳細はGoogle先生で。)  MBRはマスターブートレコードといいまして(以下割愛。) やった!認識された! これでフォーマットも出来たので よっしゃー!と思ったのもつかの間、 今度は ×ドライバーが見つかりませんでした。ドライバーの読み込みをクリックして インストール用の大容量記憶装置ドライバーを提供してください。 とのエラーで、HDDが認識されない。 んん??? フォーマットまで出来てるのに ドライバーが見つからん? んな話あるか?あるのかな?うーん… とかれこれGoogle先生に聞くも、正解に出会えず。 そこで、私の頭の中の経験から、ひとつもしかして?という原因が浮かんだ 『SATA出たてのころは、ジャンパーピンがHDDにあったっけか?』 HDD見てみたら 『ビンゴ』 w ジャンパーピンがそこには存在していて、 それがNO SPIN Jumperになっていました。 昔はね、起動ディスクとかの指定はJumperピンでしていたのよ それをGoogle先生におたずねして、MASTERに設定し直したところ 無事インストールを進める事が出来るようになりましたとさ。 この豆知識が、またニッチな悩める人の解決策になるよう ここにこの解決策を残しておきます

Adobe Brigeが重い!そんな貴方にこれいかが?(Win)

え~更新すっかりさぼっておりました。 あっちがう違う!実験の一環ですよ ま、そんな話は置いときまして… ADOBE Creative Suiteシリーズを ご利用になっている方は 使用しているかと思われるBrigeというソフト。 これ、画像をサムネイル式に表示して 色々と便利なソフトなんですが 重いんですよね。 こういう業界では epsファイルを頻繁に使用するので 標準でサムネイル表示に対応している MacのFinderは便利だったのですが(Macで保存した場合のみですが) Windowsに乗り換えた今、Explorerでは epsのサムネイル画像は見れませぬ。 かといってBrigeは重すぎます。 また、eps画像をダブルクリックで開くと Illustratorで開いちゃうし… で、もっとさくさく画像検索できる Windows用ソフトはねーのか!? と、さがしておりましたら はい、定番のフリーソフトの登場! 見つけましたよコレ FreshView 画像
ココからダウンロードしてください。 こういうソフトは色々ありますが 最初からepsのサムネイル表示に 対応しているものはこれぐらいなのかな? 他には見つけられませんでした。 サムネイルは荒いですが 一度開いたフォルダはサクサク閲覧できます。 使い方は体で覚えましょう! 百聞は一見にしかず! でも、ちょこっとだけアドバイス。 ダブルクリックしてもファイルは開けません。 Ctrl+O(オー)で開けます! 使い方もWindows風で 非常に使いやすかったです。 フリーでこれほどの機能とはすばらしい! ちなみにaiには対応していないので aiデータはBrigeでどうぞw